妻 浮気

浮気した妻と離婚せず相手に制裁

子供がいるので浮気した妻と離婚したくないが相手には制裁。家内の姦通が露呈した際はひどく茫然自失ですよね。奥さんの態度があからさまによそよそしくなってきて、結婚の間柄が変質してきたと嗅ぎ取り始めていたら、四六時中ラインを操作するようになり、部屋の片づけや食事作りを総じてすることがなくなってしまって、旅行することが頻繁になったとき。

 

上さんの姦淫が疑わしげな場合の解決技術。

 

妻夫の夜の営みが少なくなり、ダイヤローグができなくなった。

 

ハズバンドとの性の交わりはまったくしなくなったのに、官能的なランジェリーが多数になってきて、セクシーな香料をつけて色っぽい衣服で、真夜中まで馴染みの友と飲み会をすることが再三になってきたとき。

 

男性としては、明瞭に密会をしているようにしか感じないけれども、確たる証拠も無しに問い立てても誤魔化される。

 

だからと言っても、このまま知らぬふりをしていると私が精神病になってしまう。

 

それに、小学生の子供へもよろしくない影響。

 

妻の浮気相手に制裁するには証拠を確保

 

上さんの密会がいぶかしい時は、確かな証拠獲得する。

 

確然たる裏付けキャッチすることができるまでは、密通に感づいているということを話さない方がいい。

 

ワイフは密通をしているのではないかと怪しんだ時、概して妻の携帯を検見して、間男と怪しいメッセージをやっているか、泊る時間表がないかどうか調査しますよね。

 

あるいは、家内が使用している車にGPSを隠し入れたりして、行く先を追跡するようなこともすると思います。

 

けれど、それだけだと賠償面で確固たる浮気の根拠と決めつけられないことを知っていますか?。

 

男としては、嫁はんが他の男と怪しいラインをしていて、抱かれたいとか言い合っていたら、それはもはや不義と見なすますよね?。

 

また、ママの情事がいぶかしいということでGPSで振る舞いを監視している真っただ中で滞在場所が泊る施設で留まっていたら、立腹してしまいますよね。

 

それでも、訴訟面では不貞行為をしていなければ、不義であると見なされません。

 

奸夫と家内が性愛していた時に、法律的な観点から不倫と評価されます。

 

妻の浮気相手への制裁での失敗事例

 

反対に、奥さんが姦夫と性行為していないなら、情事だと激怒してしまうと、自身の方が悪くなってしまいかねない。

 

根拠が不足なまま、嫁はんの情事を糾弾して不意に終わった事例紹介。

 

音声録音機に収録した他の男と家内のあえぎ声。

 

ママの対応がおかしくなり、ボイスレコーダーをかばんに入れておいたりしておきました。

 

翌日に確かめてみると、奸夫と性愛しているようね声がしました。

 

これはもう確然たる明確な証拠だと思って嫁はんに質疑したら、密会を自供しました。

 

ところがどっこい、いざ姦夫に慰謝料催促をしようとしたら、やにわにスタンスを曲げたのです。

 

ホテルに自分ひとりで入り、誰かとペアではないと。

 

そういったことは子供騙しだと受け止めましたが、ロイヤーにコンサルテーションしてもらってみても、やはり一緒に寝泊まりしている現場を動画撮影など証拠資料として取っておかないと、裁判で確定的な姦通の確たる証拠と見なされないという回答。

 

妻が車の助手席で間男と唇で愛撫していたにも関わらず・・・。

 

ワイフの帰宅時間が過度に遅いので、勤め先に迎えに行ってみたところ、もはやクローズしていました。

 

パーキングエリアにワイフの軽自動車があり、なんとまあ男とディープキスをしている最中でした。

 

それを目撃して卒倒しそうになってしまいました。

 

義憤のあまり、扉を開けて大きな声で怒鳴り散らして、間男のビジネスカードを提示させ、慰謝料催促をやりました。

 

だけれど、後になって他の男のロイヤーから伝達が寄こされ、私がしてしまった言動は脅迫罪に当たるから、警察当局に被害届を発信すると言われました。

 

さらには、車内でキッスする行為だけでは不倫じゃないので、浮気の慰謝料を払う必要は無いというのです。

 

私は尋常ではなく混乱してしまいました。

 

ワイフが誰かとディープキスしているのに、不倫ではないなんて何を言っているんだという心境でした。

 

帰するところ、示談でしたが、こちらとしては無念な心情です。

 

もしもワイフの情事が明らかになっても、自分の言葉で仇討ちしない方が賢い選択です。

 

なぜなら、自らで懲らしめを与えると、自分の立場が不利になってしまうからです。

 

相手に責めがあるからと言って、奥さんに大きな声で怒鳴りつけてしまうと、DVと評価されて離婚裁判に訴えられたときに極めて不利になります。

 

狂猛な語気で糾弾されたのでトラウマになってしまったと診断書を病院で書かれて、奥さんが裁判所に提示してしまいかねません。

 

もしかすると、男のことを張り倒してやりたいと激高する方もおられると思いますが、浮気相手に害を加えると自分自身が犯罪者となってしまいます。

 

仮にバイオレンスを振るわなかったとしても、大音声で怒鳴り散らしてしまった時には脅迫罪で訴えられる事例も多くあります。

 

自分で制裁措置を課そうとすると、さねみすぼらしい成り行きになることがほとんど。

 

嫁はんと夫婦の絆を取り戻して修復するためにはどうしたら最善なのか?。